平成29年度 西東京中央総合病院 病院指標

  
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 32 37 109 110 203 366 601 920 1077 304
当院は小児科の入院診療も行っている為、0歳~9歳が32名入院患者様がいます。全体で見ると70歳以上の患者様は2,301名、61.2%を占めております。昨年よりも70歳以上の割合が増え、高齢化社会に対応し、地域医療を担っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 101 48.08 20.83 7.92 85.94
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 35 35.89 12.34 2.86 83.14
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 35 55.43 19.01 5.71 83.74
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 29 34.24 15.12 6.9 86.38
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 16 45.31 18.18 6.25 86.75
当院の内科は総合的に診療する体制をとっており、感染症などの一般診療と糖尿病と呼吸器分野等の診療を行なっております。また疾病に区別なく、幅広く患者様の受入れを行っております。急性期、亜急性期とも対応が可能となっております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 46 3.09 4.47 0 75.33
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 38 9.37 8.98 7.89 69.29
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 36 11.42 7.87 0 64.64
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 33 13.76 10.61 3.03 72.85
060102xx97xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 23 14.83 11.83 0 76.04
当院の消化器科は消化器外科、消化器内科が互いに密に連携し、診断治療にあたっております。
消化器外科では虫垂炎、消化管穿孔、胆嚢炎、などの救急医療はもとより、悪性腫瘍(胃、大腸、肝胆膵)の治療もガイドラインに沿って化学療法から外科的治療までを1つの科で行なっております。
消化器内科では、消化器の良性・悪性疾患の診断はもとより、閉塞性黄疸に対する内視鏡的ドレナージや、早期胃癌、早期大腸癌などに対する内視鏡的切除術も行なっております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 110 3.11 3.03 0.91 70.76
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 77 6.52 4.62 0 68.64
050130xx99000x 心不全 77 18.14 17.71 3.9 80.05
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 72 2.07 3.20 0 66.03
050030xx99000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 26 9.65 9.37 3.85 80.69
当院の循環器内科は心臓血管外科と密に連携をとり円滑なチーム医療を行っております。虚血性心疾患の診断においては、東京都CCUネットワーク加盟施設として24時間体制で、CCU管理、症例検討会を行い、治療方針を決定しています。治療に際しては最新の診断技術であるIVUS(冠動脈内エコー)やドップラーフローワイヤー、プレジャー ワイヤーなどの冠循環動態検査を駆使しながらPTCA(経皮的動脈形成術)やステント留置術を行い、更に重症例に対しては、近隣の病院に紹介しております。
心臓血管外科は心臓術後の全身管理、動脈系では下肢動脈閉塞性疾患、静脈系では深部静脈血栓症あるいは静脈瘤、また血液透析のシャント等に対して、治療を行なっております。特に透析用シャントトラブルに関しては近隣よりご紹介いただいた当日、あるいは翌日には手術を行なう体制をとっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 133 26.61 27.09 49.62 81.41
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 101 40.67 23.14 1.98 69.54
07040xxx02xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 78 51.28 40.94 0 43.24
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 51 20.29 22.44 23.53 83.61
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 39 37.36 25.09 0 75.69
当院の整形外科は高齢者の大腿骨頚部骨折や他の外傷など基本的には当日もしくは翌日には手術を行い、手術翌日よりリハビリテーションを開始する方針で対応させていただいております。近隣の診療所や、社会福祉施設等との医療連携を大切にし、地域により良い医療を提供していきたいと考えております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 24 21.21 16.38 8.33 74.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 17 33 7.34 11.76 73.65
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 13 24.77 9.68 7.69 78.15
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 11 48 19.10 45.45 70.55
030400xx99xxxx 前庭機能障害 - - 5.15 - -
当院脳神経外科は日本脳神経外科学会や日本脳卒中学会などの学会が監修する各種の診療ガイドラインやevidence-based medicine (EBM:根拠に基づいた診療)を行っています。頭部CT、MRI撮影は24時間可能であり、急性期脳梗塞に対しt-PA(脳梗塞血栓溶解療法)も実施可能な体制をとっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 10 6.8 7.31 0 70.8
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - 7.96 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 - - 3.29 - -
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 - - 11.31 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 - - 6.63 - -
当院の眼科では最新の眼科手術を用いて、網膜・硝子体手術を行なっており幅広い疾患に対応しております。霰粒腫切開・眼瞼下垂・眼瞼内反症、緑内障手術も対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 43 5.47 7.22 2.33 33.4
030428xxxxxxxx 突発性難聴 40 6.63 9.18 0 62.1
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 37 5.46 5.48 0 35.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害 26 4.85 5.15 3.85 59.08
030390xx99xxxx 顔面神経障害 20 6.65 9.45 0 56.4
当院の耳鼻咽喉科は、喉の痛みから鼻疾患、悪性腫瘍と様々な病気を診ています。必要に応じた検査を行い、詳細な問診を行なうことで的確な診断を行い治療をしています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 22 8.18 7.64 0 75.45
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 12 11.33 12.34 0 70.58
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 10 9.1 7.31 0 76.5
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 - - 11.31 - -
110420xx97xx0x 水腎症(その他) - - 5.17 - -
当院の泌尿器科は前立腺疾患(前立腺肥大症やがん)及び膀胱がんの診療に力を入れております。各種診療ガイドラインに準拠した、充分な説明に基づく納得診療(インフォームド・コンセント)を重視した診療を心掛けています。
膀胱腫瘍の内視鏡手術は5日間の入院で施行しております。(状況により延期になる可能性がございます。)

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - 106 1 7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌、肝癌を消化器科で対応しております。内視鏡手術、開腹手術を内科医、外科医がカンファレンスを行い、患者様が安心して治療を受けられるよう、スタッフ一丸となって診療に当たっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9.06 51.12
中等症 87 29.82 78.46
重症 16 30.50 83.06
超重症 - - -
不明 - - -
慢性呼吸器疾患を持病とする患者様は繰り返し肺炎に罹患される方もいらっしゃいます。高齢で合併症を有すると重症度も高くなり、危険性も高まります。適切な抗生剤の使用、また長期入院に対し筋力・体力低下を防ぐ為、早期のリハビリテーションの導入を心掛けております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 55 30.42 75.29 9.68
その他 - - - -
当院はハイケアユニット(重症管理治療室)を設置し、超急性期血栓溶解療法にも取り組んでおります。発症後に素早く対応することにより患者様のQOL(生活の質)の向上に努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 35 3.79 3.15 0 73.97
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 2.65 5.29 3.23 73.71
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 3 6.19 0 70.29
K654 内視鏡的消化管止血術 20 1.1 17.1 10 76.3
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 18 2.94 11.06 0 67.56
当院の消化器科では消化器外科、消化器内科が常に蜜に連携し、診断治療にあたっております。
消化器外科では胆石症や胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術や、鼡径ヘルニア根治術を導入しており、手術後3日での早期退院を目指しております。また胃癌、大腸癌、膵癌、肝癌などの悪性疾病に対して手術を行なっております。
消化器内科では胃癌や大腸癌の早期発見と内視鏡による切除治療を行なっております。早期胃癌に対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を、早期大腸癌に対しては内視鏡的粘膜切開術(EMR)を行なっております。また胆管炎、閉塞性黄疸に対して胆管ステント留置術、内視鏡的乳頭切開術(EST)を行なっております。

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 72 0 1.07 0 66.03
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 61 2.02 5.57 1.64 68.92
K610-3 内シャント設置術 49 2.2 17.47 18.37 74.18
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 32 2.53 4.22 3.12 68.88
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 22 2.09 20.14 22.73 74.73
当科は心臓血管外科、循環器内科が密に連携をとり円滑なチーム医療を行っております。虚血性心疾患の診断においては、東京都CCUネットワーク加盟施設として24時間体制で、CCU管理、症例検討会を行い、治療方針を決定しています。治療に際しては最新の診断技術であるIVUS(冠動脈内エコー)やドップラーフローワイヤー、プレジヤーワイヤーなどの冠循環動態検査を駆使しながらPTCA(経皮的動脈形成術)やstent留置術を行っております。
心臓血管外科の活動と致しましては血管外科を中心として下肢末梢動脈疾患に対するバイパス手術は年間約20件、血液透析バスキュラーアクセス関連のシャント設置手術は年間約70件、またバルーン拡張術も日帰り手術を含めると年間約550件ほど施行しています。下肢静脈瘤手術は、ラジオ波をはじめとし、カテーテル手術も積極的に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 261 1.06 1.17 0 76.62
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 18 1.17 2 0 36.94
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
最新の眼科手術機械を用いて、白内障手術に対応しております。小切開での手術を行なっており、幅広い術式に対応しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 141 3.53 35.76 1.42 71.35
K0461 骨折観血的手術(大腿) 125 1.42 23.28 43.9 81.01
K141-2 寛骨臼移動術 70 1.99 47.46 0 42.13
K0462 骨折観血的手術(前腕) 36 1 7.03 0 61.75
K0811 人工骨頭挿入術(股) 32 1.47 40.13 50 80.72
股関節外科は変形性股関節症に対して骨切り、骨盤骨切り(キアリー)併用大腿骨転子部外骨切りなどの骨頭温存手術、人工股関節置換術・再置換術、大腿骨頭壊死症に対しては大腿骨骨頭回転骨切り術など他の股関節疾患の治療や先天性股関節脱臼やペルテス病などの小児股関節の治療も行っています。また大腿骨周囲の骨折や他の外傷など基本的には当日もしくは翌日には手術を行い、手術翌日よりリハビリテーションを開始する方針で対応させていただいております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 3.4 31.1 10 79.1
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
手術用顕微鏡、術中神経モニターを導入し脳腫瘍摘出術、動脈瘤頸部クリッピング術などの手術も可能となっております。頚動脈ステント留置術、脳動脈瘤コイル塞栓術等の脳血管内手術も大学病院の協力により対応可能です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 43 0 4.47 2.33 33.4
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 18 1.17 2 0 36.94
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1.27 7.73 0 28.47
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 12 1.08 7 0 52
K4002 喉頭形成手術(筋弁転位術、軟骨転位術、軟骨除去術) - - - - -
慢性扁桃炎や睡眠時無呼吸症候群に対しての口蓋扁桃摘出術のほか、副鼻腔炎(蓄膿症)に対する内視鏡下副鼻腔手術も多く行なっています。また、声の嗄れや声帯ポリープに対しての手術も充実しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 32 1 6.47 0 75.78
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 13 1.38 1 0 59.38
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 0.18 5.09 0 74.45
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
K843 前立腺悪性腫瘍手術 - - - - -
膀胱癌及び前立腺癌の診療に力を入れております。前立腺癌に対しては前立腺全摘出術、ホルモン療法、化学療法など多彩な治療を施行しております。膀胱癌は内視鏡手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を施行し、病状に応じた適切な再発予防治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.43
180010 敗血症 同一 10 0.27
異なる 68 1.83
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11 0.3
180040 手術・処置等の合併症 同一 85 2.28
異なる - -
大手術後、外傷後、悪性腫瘍等に伴い血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群がおこることがあります。また、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り、敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。当院では高齢者比率(60歳以上)も77.2%と高いことが感染症に罹患する理由の一つと考えます。
[更新履歴]
2016/09
平成27年病院指標を公開しました。
2017/09
平成28年病院指標を公開しました。
2018/09
平成29年病院指標を公開しました。

PAGE TOP