病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

 

  • ・ 平成27年4月~平成28年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • ・ 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    (自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • ・ 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件
    (平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • ・ 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 75 69 82 96 182 319 521 908 892 288
当院は小児科の入院診療も行っている為、0歳~9歳が75名入院患者様がいます。全体で見ると70歳以上の患者様は2,093名、60.8%を占めております。高齢化社会に対応し、地域医療を担っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
[内科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 113 36.15 14.34 8.85% 76.18  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 107 72.15 21.69 15.89% 85.85  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 46 47.37 18.99 8.70% 80.48  
当院内科は臓器別の診療体制をとっており一般、糖尿病、呼吸器の分野を主に診療しております。疾病に区別なく、幅広く患者様の受入れを行っております。急性期、慢性期とも対応が可能となっております。
[消化器科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 43 2.91 4.53 0% 63.12  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 10.58 7.91 3.03% 64.88  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 8.04 9.17 3.70% 70.70  
当院消化器科は消化器外科、消化器内科が互いに密に連携し、診断治療にあたっております。外科では悪性腫瘍の治療は主にガイドラインに沿って外科的治療、化学療法を積極的に施行しております。内科では肝胆膵、消化管の良性・悪性疾患を広く対象とし診断治療を行っております。
[循環器科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 3.04 3.07 3.53% 69.91  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 22.32 18.30 2.56% 81.56  
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 75 2.13 3.46 0% 68.31  
当院循環器科は心臓血管外科、循環器内科が密に連携をとり円滑なチーム医療を行っております。虚血性心疾患の診断においては、東京都CCUネットワーク加盟施設として24時間体制で、CCU管理、症例検討会を行い、治療方針を決定しています。治療に際しては最新の診断技術であるIVUS(冠動脈内エコー)やドップラーフローワイヤー、プレジャーワイヤーなどの冠循環動態検査を駆使しながらPTCA(経皮的動脈形成術)やステント留置術を行い、更に重症例に対しては、近隣の病院に紹介しております。
[小児科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 21 5.43 5.72 0% 6.14  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 6.31  
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 3.86  
当院小児科は小児医療全般の診療、治療を行っておりますが、流行する様々な感染症を中心に気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー等のアレルギー疾患、腎疾患に主眼をおいて、地域に根ざした小児医療を目指しております。 栄養指導、育児相談から、必要に応じてCT、MRI、脳波検査、低身長精査、心臓超音波検査等が可能です。
[整形外科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 128 22.72 28.70 50.78% 83.01  
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 127 40.32 24.95 0% 68.86  
07040xxx02xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 大腿骨頭回転骨切り術等 88 52.01 42.95 0% 41.77  
当院整形外科は高齢者の大腿骨頚部骨折や他の外傷など基本的には当日もしくは翌日には手術を行い、手術翌日よりリハビリテーションを開始する方針で対応させていただいております。近隣の診療所や、社会福祉施設等との医療連携を大切にし、地域により良い医療を提供していきたいと考えております。
[脳神経外科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 32 33.53 18.08 18.75% 72.88  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 16.61 10.02 0% 73.11  
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 26.40 15.80 6.67% 75.93  
当院脳神経外科は日本脳神経外科学会や日本脳卒中学会などの学会が監修する各種の診療ガイドラインやevidence-based medicine (EBM:根拠に基づいた診療)を行っています。頭部CT、MRI撮影は24時間可能であり、急性期脳梗塞に対しt-PA(脳梗塞血栓溶解療法)も実施可能な体制をとっております。
[耳鼻咽喉科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 28 4.96 7.27 0% 41.00  
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 28 3.79 5.63 0% 40.39  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 21 7.57 8.20 0% 26.52  
当院耳鼻咽喉科は、各種診断用機器と豊富な経験をもつ聴力検査技師も配し、診断と治療を行っています。 めまいについては詳細な問診と各種平衡機能検査・画像検査の結果もとに総合的に判断して、的確な診断のもと治療しております。
[泌尿器科]
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 23 20.35 8.02 0% 74.35  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 12 10.58 12.60 8.33% 57.83  
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 11 3.36 5.49 0% 73.55  
当院泌尿器科は前立腺疾患(前立腺肥大症やがん)及び膀胱がんの診療に力を入れております。各種診療ガイドラインに準拠した、充分な説明に基づく納得診療(インフォームド・コンセント)を重視した診療を心掛けています。
膀胱腫瘍の平均在院日数では入院期間が長い患者様が平成27年度で1人いた為、全国平均より長くなっていますが通常では5日程度となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20    -    - 14    -    - 1 7版
大腸癌    -    -    -    -    - 73 1 6、7版
乳癌    -    -    -    -    -    -    -    -
肺癌    -    -    -    -    -    -    -    -
肝癌    -    -    -    -    -   -    -    -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、肝癌を消化器科で対応しております。内視鏡手術、開腹手術を内科医、外科医がカンファレンスを行い、患者様が安心して治療を受けられるよう、スタッフ一丸となって診療に当たっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 42.36 55.91
重症度 1 44 44.61 75.66
重症度 2 40 26.30 86.80
重症度 3 13 47.69 82.00
重症度 4    -    -    -
重症度 5    -    -    -
不明    -    -    -
慢性呼吸器疾患を持病とする患者様は繰り返し肺炎に罹患される方もいらっしゃいます。高齢で合併症を有すると重症度も高くなり、危険性も高まります。適切な抗生剤の使用、また長期入院に対し筋力・体力低下を防ぐ為、早期のリハビリテーションの導入を心掛けております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I63$ 脳梗塞 3日以内 68 38.59 76.99 20.59%
その他 10 36.90 74.50 10.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
当院はハイケアユニット(重症管理治療室)を設置し、超急性期血栓溶解療法にも取り組んでおります。発症後に素早く対応することにより患者様のQOL(生活の質)の向上に努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
[消化器科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 47 3.62 1.30 0% 69.04  
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 23 1.87 4.57 0% 69.26  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 15 0.87 9.33 0% 77.13  
胃癌や大腸癌の早期発見と内視鏡による切除治療を行っています。早期胃癌の内視鏡的粘膜切除術や、早期大腸癌や大腸腺腫症での粘膜切除術やポリープ切除術による治療を行っております。特に、早期胃癌の内視鏡粘膜切除術(EMR)を行う場合、病変を分割ではなく大きく一括に切除できる粘膜切開・剥離術(ESD)を2001年度より導入しています。
[循環器科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 73 0.01 1.03 0% 68.53  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 54 2.30 7.37 1.85% 72.06  
K610-3 内シャント設置術 48 4.31 25.65 22.92% 72.02  
当科は心臓血管外科、循環器内科が密に連携をとり円滑なチーム医療を行っております。虚血性心疾患の診断においては、東京都CCUネットワーク加盟施設として24時間体制で、CCU管理、症例検討会を行い、治療方針を決定しています。治療に際しては最新の診断技術であるIVUS(冠動脈内エコー)やドップラーフローワイヤー、プレジヤーワイヤーなどの冠循環動態検査を駆使しながらPTCA(経皮的動脈形成術)やstent留置術を行っております。外科の活動と致しましては血管外科を中心として下肢末梢動脈疾患に対するバイパス手術、血液透析のバスキュラーアクセス関連の手術、下肢静脈瘤の手術等の外科治療を行っております。下肢静脈瘤手術は、ラジオ波を使用したカテーテル手術も積極的に行っております。
[整形外科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 180 3.45 37.05 0% 70.52  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 118 1.61 19.74 46.61% 81.26  
K141-2 寛骨臼移動術 85 2.12 48.65 0% 41.61  
股関節外科は変形性股関節症に対して骨切り、骨盤骨切り(キアリー)併用大腿骨転子部外骨切りなどの骨頭温存手術、人工股関節置換術・再置換術、大腿骨頭壊死症に対しては大腿骨骨頭回転骨切り術など他の股関節疾患の治療や先天性股関節脱臼やペルテス病などの小児股関節の治療も行っています。また大腿骨周囲の骨折や他の外傷など基本的には当日もしくは翌日には手術を行い、手術翌日よりリハビリテーションを開始する方針で対応させていただいております。
[脳神経外科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 0.87 21.87 0% 82.07  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)    -    -    -    -    -  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭・脳内)    -    -    -    -    -  
手術用顕微鏡、術中神経モニターを導入し脳腫瘍摘出術、動脈瘤頸部クリッピング術などの手術も可能となっております。頚動脈ステント留置術、脳動脈瘤コイル塞栓術等の脳血管内手術も大学病院の協力により対応可能です。
[眼科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合・その他のもの) 156 0.68 1.32 0% 75.58  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 20 1.00 3.30 0% 69.60  
K281 増殖性硝子体網膜症手術    -    -    -    -    -  
眼科手術装置(網膜・硝子体/白内障) コンステレーション ビジョンシステムを導入しております。白内障・網膜硝子体手術装置として、使用されており、小切開手術にも対応可能であり、幅広い術式、きめ細かい手技に対応することができます。
[耳鼻咽喉科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 29 1.03 1.73 0% 40.76  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 27 0.19 3.78 0% 41.26  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 24 1.00 5.63 0% 26.54  
鼻副鼻腔疾患は特に症例数が多いです。内服加療で改善しない慢性副鼻腔炎には、積極的に内視鏡手術を行っています。 咽頭・喉頭疾患及び頭頸部腫瘍には、各種診断機器を用いた迅速な診断と治療を行っております。
[泌尿器科]
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のもの) 27 1.15 18.96 0% 74.67  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 1.88 8.76 0% 73.65  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)    -    -    -    -    -  
膀胱癌及び前立腺癌の診療に力を入れております。前立腺癌に対しては前立腺全摘出術、ホルモン療法、化学療法など多彩な治療を施行しております。膀胱癌は内視鏡手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を施行し、病状に応じた適切な再発予防治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一    -    -
異なる 13 0.38%
180010 敗血症 同一 16 0.47%
異なる 82 2.39%
180035 その他の真菌感染症 同一    -    -
異なる    -    -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.29%
異なる    -    -
大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群がおこることがあります。また、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り、敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。当院では高齢者比率(60歳以上)も76.0%と高いことが感染症に罹患する理由の一つと考えます。
更新履歴
2016/09
平成27年度病院指標を公開しました。

PAGE TOP