虚血性心疾患精査入院

血性心疾患精査入院 (心臓カテーテル検査入院)

申込み方法

狭心症や心筋梗塞が疑われる患者様や既に狭心症、心筋梗塞の診断がついている患者様は予め当院循環器外来を受診(事前来院)させてください。

精査入院の概略

心臓カテーテル検査に先立ちトレッドミル運動負荷試験、心エコー検査、教材による疾患の解説を行ない、心臓カテーテル検査後は個々の症例に応じた個人栄養指導、服薬指導を行う全行程2~3日の入院です。
※必要に応じ頚動脈エコー、頭部MRIによる脳血管病変、ヘリカルCT3D-CTによる大動脈疾患など合併動脈硬化病変の検索も行ないます。

結果報告

退院時のおおよその結果は患者様及び家族に説明致しますが、その後の治療方針に関しては、冠動脈造影、左室造影結果のビデオを添えてご報告させて戴きますので、共にご検討させて戴き決定していきたと存じます。

PAGE TOP