リハビリテーション科

療内容

脳神経外科疾患/整形外科疾患/神経内科疾患による運動機能障害や日常生活動作障害に対して、発症または受傷直後から理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)専門技術による医療を提供しております。
そこでは担当医師、看護師等との連携のもと、基本的動作や移動能力の再獲得や身体機能の改善、日常生活動作や精神・心理面の支持、さらにはコミュニケーション全般にわたる障害や嚥下障害に対しても治療を行っています。
また医療の提供だけでなく、退院を控えた患者様に対して実際に家庭を訪問し、家屋・環境整備や家族指導を行うことで円滑な家庭復帰を支援しております。ケースによっては通院でのリハビリで退院後の機能維持にも対応しています。
その他、身体障害診断、義肢装具・補装具の作製も行います。お気軽にご相談下さい。

リハビリ室リハビリ室

療受付

初めての方

当該診療科に受診していただき、その担当医師の診察でリハビリの適応と判断されると、リハビリ処方箋が出されリハビリが始まります。
入院が必要な場合には当該診療科に入院していただき、担当医師の医学的管理のもとでリハビリを行うことになります。

再来院の方

初診のときに担当の療法士が決定致します。
※基本的には予約制ではありませんが、その担当スタッフの判断でリハビリのスケジュールが決まります。

設備について

当院リハビリテーション科は心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ運動器リハビリテーション料Ⅰ呼吸器リハビリテーション料Ⅰを取得しております。

 

大血管リハビリテーション

心大血管リハビリテーションとは

日常生活における安全な運動耐容能獲得を目的として、安全性を確認された運動強度を基準とした運動処方のもとに運動療法を行い、再発予防への患者教育を併せて行うものです

効果
  • 運動耐容能の改善をはじめとする身体的効果
  • 冠危険因子の是正
  • 健康関連QOLの改善
    (心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン2007より)
対象疾患

虚血性心疾患/末梢動脈閉塞症
/他院での経皮的冠動脈血行再建術後、冠動脈バイパス術後
/労作時の息切れ/間歇性跛行

実施概要
実施内容
自転車エルゴメーターを使用した主運動を中心に
準備体操/整理体操/教育的指導を含め約1時間程度実施します。
実施頻度
週1回から通院可能です。
お申込み方法

まずは循環器外来を受診していただきます。(担当:伊藤医師)
主治医の指示のもと、心大血管リハビリテーションを開始致します。
※紹介状を持参していただければ幸いです。
※御不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先 西東京中央総合病院リハビリテーション科
TEL 042-464-1511

PAGE TOP