お薬手帳の活用方法

お薬手帳

知っていますか?お薬手帳の活用方法!ワンランク上の使い方!

お薬手帳の重要性が浸透し、医療機関や調剤薬局に持ってきてくださる方が多くなってきました。正しい使い方や、より有効活用できる使い方をご紹介いたします。

  1. お薬手帳は1冊にまとめましょう

     

    医療機関毎に手帳を分けていると、相互作用・重複のチェックなどができません!
    特に、複数の病院や診療科にかかっている場合はメリットがあります。

  2. 手帳には自分自身の体調を書き込みましょう

     

    皮膚が弱い・下痢しやすいなどの体質のこと、使用している薬による体調変化、血液検査の結果などを記入しましょう。医療関係者がチェックできますので、副作用の回避にもつながります。

  3. 手帳は常に携帯しましょう

     

    外出先での事故や災害などもしものときに手帳を持っていれば、医療機関にご自分の使用している薬の情報が確実に伝わります。また、薬から疾患名がわかることもあります。

 

お薬手帳は「シールを貼る台紙」ではなく、薬の情報や患者様の体調などに関するあらゆる情報を共有するツールです。手帳を通して、患者様⇔多くの医療機関とが連絡を取り合うことが可能となります。ぜひ、健康手帳のように活用してみてください。