処方鑑査/調剤監査

処方監査/調剤監査

当院では電子カルテを導入しており、処方ごとに患者様の薬歴・検査値等を確認し、用法用量が適切であるか確認しています。疑わしい点や処方提案がある際には、処方医に確認しています。
また、患者様が入院時に持参した薬について、名称や用法及び用量などを電子カルテへ記載します。不明点があれば患者様やご家族に確認し正確な情報を聴取できる様心がけています。


調剤

主に入院患者様の薬の調剤を行っています。当院では全自動分包機が導入されていますので、分包調剤は主に全自動分包機で行っています。
注射調剤では病棟ごとに注射カートがあり、患者様ごとに注射薬のセットを行っています。

調剤

 

無菌調製

クリーンベンチを用いた、高カロリー輸液の混注や点眼薬などの無菌調製及び安全キャビネットを用いて入院/外来化学療法を行っている患者様の抗がん剤の混注を行っています。

病棟業務

当院では全病棟に担当薬剤師を配置しており、医師、看護師と連携を取りながら患者様への薬物治療のサポートをしています。
入院時には初回面談を通して、患者様の副作用やアレルギー歴、現在使用している薬の内容やどのように飲んでいるのか、また検査や手術で休薬が必要な薬がきちんと中止されているかなどを確認しています。入院中は処方されている薬の用法用量が適正か、効果/副作用は出ているかなどをチェックし、新しい薬が開始になった場合はベッドサイド等で説明します。退院時にはお持ち帰り頂く薬の説明とお薬手帳を作成しお渡ししています。お薬手帳には入院中に開始になったり変更になった薬、休薬中の薬の再開日などを記載することで、患者様だけでなく院外の薬局の方にもわかりやすいお薬手帳の作成を心がけています。