外来診察
外来診療のご案内

外来診療のご案内閉じる

受付時間

  月曜-金曜 土曜日
午前 8:30~12:30 8:30~12:30
午後 1:00~5:00 休診

※休診日:土曜日午後/日曜日/祝


お電話でのお問い合わせ

0424641511
今年も、看護研究発表会
無事に
終わりました!!
 
今日は、この場を借りて実況中継です
 
イメージ 3
 
午後からの発表会なので、午前中は担当者が最後の打ち合わせ。
今年の看護研究プロジェクトメンバーの3人です。
 
イメージ 1
物品の確認、人員配置の確認など入念に・・・
イメージ 3
司会は外来のHさん。
イメージ 8
まずは、東日本大震災から1年ということで、
黙祷を捧げます。
 
イメージ 3
 
さぁ、ここからは緊張がマックスに~
 
 
発表者をドキドキさせる質疑応答
イメージ 9
あんまり困るような質問はやめて~!?
 
でもバッチリです
イメージ 3
 
イメージ 13
部長の論文集にはチェックがたくさん入ります
 
うわぁ~鉛筆でびっしり(!?)書いてある~
 
何が書いてあるんだろう・・・ドキドキイメージ 5
 
イメージ 3
 
午前中は外来診療もあるので、それが終わって駆けつけてくれたスタッフ、夜勤明けで
参加してくれたスタッフもたくさんいました。
第2部になると、満席に。
 
イメージ 14
看護部長の総評です。
厳しくも、1年頑張ったスタッフへ温かいメッセージに
ジーンときます
イメージ 3
 
ここまで来るのに丸1年。 
イメージ 10
看護研究プロジェクトチームが毎月毎月進み具合をチェック。
 
年の前半は、計画書がなかなかまとまらず、テーマも決まらないし
何度も何度も指導者に突っ返され
もう看護研究なんて!!やめてやる!と
思ったスタッフもいるとか、いないとか(笑)
 
しかし!!
手前味噌になりますが、
ここ数年の看護研究発表会は
以前と比べ物にならないくらいアカデミックになっています。
単純なケーススタディではなく、データ処理にまでこだわったり
外部の准教授にコンサルトしていただいたり。
 
昨年もブログに書き込みましたが、やっぱり看護研究の醍醐味は
ひとつのことにトコトンはまり、追及すること。
そして、そこから色々な副産物が見えて
看護本来の役割を研究者が再確認でき、次につなげられる
ことじゃないでしょうか
 
イメージ 3
 
      イメージ 15 イメージ 12
 
発表会終わったらこの笑顔
自然と顔に出ちゃいますイメージ 6
「これで解放される―!!」(笑)
「睡眠不足を取り戻すぞ―」
研究者も、PTメンバーも、看護研究指導者も
やりきった感でいっぱいです。
 
 
 
イメージ 11
ちょっとー。解放されたからって、こんな集合写真無いでしょ~。
I主任、ちゃんと撮ってよ~
 
イメージ 7いえいえイメージ 7
 
これで解放されると思ったら甘い甘い(笑)
世の中、看護研究はそんなに甘くないのだよ。

 
 
イメージ 3
 
課長室に戻って涙涙の反省会・・・(嘘です)
イメージ 2
今年もお疲れさまでした★
イメージ 4

 
イメージ 3
 
この後、日本海庄やでパーっと打ち上げです★
番外編は、次号R18で・・・お楽しみに★