外来診察
外来診療のご案内

外来診療のご案内閉じる

受付時間

  月曜-金曜 土曜日
午前 8:30~12:30 8:30~12:30
午後 1:00~5:00 休診

※休診日:土曜日午後/日曜日/祝


お電話でのお問い合わせ

0424641511

泌尿器科

療スタッフ

名前 野田 賢治郎
役職 院長/泌尿器科 部長
出身大学 東京医科大学[平成4年卒]
専門領域 泌尿器科悪性腫瘍
資格 日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
がん治療認定医
名前 大鶴 礼彦
出身大学 東京医科大学[平成13年卒]
資格 日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医

療内容・専門分野

  • 前立腺肥大症の診断と治療(TURP、TUMT)
  • 前立腺癌の診断と治療
  • 尿路結石症の診断
  • 尿路性器悪性及び良性疾患の診断と治療

診療の特色

前立腺肥大症に対し、TURP及び、その他の低侵襲治療(経尿道的高温度治療TUMT)を行います。

重点的に取り組みたい病診連携

前立腺疾患(前立腺肥大症や癌)の疑いのある患者様に関しましては、前立腺針生検、MRIなどの 精密検査が行えるため、適切な治療方針を決定することができます。 病院の設備等を生かして、 泌尿器科疾患の幅広い診療を行い、先生方とより密な連携を確立していきたいと考えております。

腎・尿管結石でお悩みの方へ

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)のご案内

尿路結石とはどのような病気?
腎臓・尿管・膀胱というおしっこの通り道である尿路に石ができる病気です。
この結石がおしっこの流れをとめてしまうと、背部から側腹部にかけて激痛が走ります。またこの際しばしば血尿を伴います。痛みは尿の流れが再開すると和らいできますが、間欠的にぶり返すこともあります。
結石がおしっこと一緒に、自然に排石されて痛みがなくなることもあります。
尿路結石
手術をしないと治らないのでしょうか?

5mm以下の結石は自然に排石されることが多いですが、それ以上の大きな結石では自然排石は期待できず、何らかの処置が必要になります。
以前は外科的な開腹手術が主流でしたが、最近では体外衝撃波結石破砕術(ESWL)という画期的治療法の開発により、開腹手術件数は減ってきています。

ESWLとはどのような治療?
体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とは、開腹手術をせずに体外で発生させた衝撃波を結石に収束させて、そのエネルギーで結石を粉々に砕く治療法です。細かく砕かれた結石は数日のうちに、おしっこと一緒に排石されます。

治療は通常1時間程度で終了し、治療後2-3時間で歩行が可能です。
身体にメスを入れませんから、治療後も傷跡が残らず、肉体的・精神的にも負担が少なくて済みます。

破砕された石

高齢の方、高血圧、心臓病、糖尿病などの疾患を有する方、手術できない方でも安心して治療できます。
また過去に結石の手術を受けた事があり、再発した方でも治療可能です。

体外式結石破砕装置【インテグラ】

NCDについて

NCD

当科は、一般社団法人National Clinical
Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。詳しくはこちら