外来診察
外来診療のご案内

外来診療のご案内閉じる

受付時間

  月曜-金曜 土曜日
午前 8:30~12:30 8:30~12:30
午後 1:00~5:00 休診

※休診日:土曜日午後/日曜日/祝


お電話でのお問い合わせ

0424641511
高齢者終末期ののPEGに疑問を持った看護師も多いはず・・・
私もその一人です。
NHKの特番を見た時に、初めてPEGや経管栄養を選択しない
という選択肢もあるんだ。と気づきました。
 
イメージ 1
 
昨日、SNSでこんな記事を教えてもらいました。
 
 
日本老年医学会は27日、
高齢者の終末期医療における胃ろうなどの「人工栄養」を開始する際は
慎重に検討し差し控えや中止も選択肢とする新たなガイドラインを公表した。
 管を使って胃に栄養を送る胃ろうをめぐっては、
患者に苦痛を与えたり、穏やかな最期を妨げたりする場合があるとして
医療関係者らから疑問の声が上がっていた。
医療や介護の現場に向け、近く学会ホームページで公開する。
 ガイドラインでは、人工栄養を開始する際は
「口からの栄養摂取ができないかどうかを見極める必要がある」と指摘。
その上で、延命効果が得られるかどうかだけでなく
「本人の人生をより豊かにするかどうか」という観点から、
差し控えも含めた最善の方法を選択すべきだとした。
介護する家族の負担や、患者の生活環境についても個別に配慮するよう求めている。
 作成に関わった飯島節筑波大大学院教授は
「医学的な妥当性だけでなく、倫理的な妥当性を目指した」と説明。
「現場の声を聞き、社会情勢を考慮しながら一定期間ごとに見直していく」とした
(2012年6月28日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】
 
そして日本老年医学会http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/では、
すでにガイドラインをUpしています。
 
 
イメージ 2
 
院内でもきちんと倫理的な配慮を含めて一度
ガイドラインの共通理解をしたほうがよさそうです。
また、家族にもきちんと説明する必要がありますね☆
 
興味のある方は一度読んでみてください。
いろいろ考えさせられますよ☆